肥後橋駅

淀屋橋駅

本 町 駅

梅田堂地下

歩2分

歩6分

歩7分

歩15分

ビジネスパーソン応援

新しい生活様式の中、外出自粛やリモートワークなども常態化し、ビジネスパーソンも座っている時間も長くなりがちです。
一方、季節や空調など厳しい環境のなか、立ちっぱなしであったり、営業外回りなどでお疲れの方も多くいらっしゃるでしょう。特に同じ姿勢が長く続くお仕事の方は、筋肉の硬化を招き血流が悪くなりコリが生まれたり、関節の可動域に制限がかかり思うような動きができなかったりします。その結果、関節への負担増やパフォーマンス低下を起こし、体のみならず仕事にも影響が及びます。さらに、営業時間短縮など仕事のリズムや周囲との付き合い方なども変化し、精神的ストレスも増え、仕事に対する意欲低下や、相手への配慮欠落などメンタル面にも影響が及び、遂には仕事のミスにつながりかねません。

しかしながら、家庭でも社会でも働き盛りのビジネスパーソンは、日々の仕事に没頭し、気が付いてみれば自分の健康管理どころではないという方も多いと思います。「言われなくても分かっている」「いや大丈夫、体力には自信がある」と思っていても、人間の体力は着実に想像以上に衰えていきます。

一方この機会に、自分の健康に関心が高まった方も多くおられます。2021年4月からは70歳雇用確保の努力義務が始まり、年金受給まで少しでも長く勤められるようにと、体を鍛え始めた方もいらっしゃいます。

いずれにしても、健診結果も気にならず、免疫力も高く、良いパフォーマンスが発揮できる土台=身体資本づくりはビジネスパーソンには必須です。そのカギを握るのは、「運動」と「食事」と「休養」です。
確かな根拠にもとづき、一人ひとりに合わせたきめ細かで適切な指導を受けることが早道です。遅くなれば、取り戻すのにそれだけ多くの努力が必要となります。
さあ、さっそく始めましょう。

私たちのコンディショニング

トレーニング

私たちは「パフォーマンスピラミッド」という考え方に基づいてトレーニングを構成していきます。
まず根底のファンデーション(身体動作の下地)をしっかりさせ、それを基盤として、安全かつ効率的にパワーや技を獲得していきます。「基礎や計画が大切」であり、計画的に効率的に成果を求めるところは、ビジネスと同じです。

体の動きの下地をしっかり作る

自重や負荷のあるゴムバンド・適度な重さのボール・ポール状の用具などを利用して、ファンクショナルトレーニング を行います。関節の可動域・柔軟性や可動性・安定性をあげることで、様々な日常動作がバランスよく効率的に本来パフォーマンスを発揮できるようにします。仕事と同様で最初から完璧に出来る方は少ないですが、意識して行っていくうちに、最終的には無意識で正しく体を動かせるようになります。
このトレーニングは、マシントレーニング(単関節運動が多い)とは異なり、多関節運動(2つ以上の関節を動かす動作)を行い、立体的にトレーニングします。また、体幹部の安定性も同時に鍛えることができます。
より日常生活に近い動きでトレーニングするため、日常で動きやすく怪我をしにくい体を作りあげます。

最強の筋トレ「呼吸トレーニング」を習得する

慢性的な首・肩こりや腰痛など、姿勢不良が原因となっている症状は、ビジネスパーソンの悩みのタネです。
実は呼吸トレーニングを行うと、体の軸を安定させる筋肉を多く使うため、姿勢改善や自律神経のコントロール(ストレス緩和)など、多くのメリットを得ることが出来、仕事のパフォーマンス向上に大きく貢献します。また、横隔膜を大きく動かすため、内臓を刺激し、血流が良くなり、空調による冷え改善や代謝アップ効果でダイエットも期待できます。さらに、様々なトレーニングの土台ともなるため、トレーニングそのものの効果も高めてくれます。
毎日何気なく行っている呼吸ですが、呼吸トレーニングを行うことで多くのメリットを享受でき、あなたの仕事パフォーマンスも確実に向上するでしょう。

呼吸につきましてはブログでも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
「筋トレに呼吸は大切」「呼吸吸は最強の筋トレだ!」

時短筋トレで効率アップ

お忙しいビジネスパーソンにおススメなのがHIIT(High Intensity Interval Training)です。短時間(5分程)のトレーニングでも、心肺機能を向上させ体力がアップし、疲れにくい体質を作ります。また高い脂肪燃焼効果も得られ、そのエネルギー消費は運動中のみならず運動後も効果が持続するため、体の引き締めに持ってこいです。

かっこいいシルエットや動きを作る

ビジネスパーソンであれば、大切なシーンでの服の着こなしも重要な要素となってきます。どんな衣服を着ても、やはりシルエットがカッコイイ方が、見栄えは数段良くなります。弊社会員様でテイラー(オーダーメイドスーツ)の専門家にお聞きすると、そのポイントは体のメリハリがしっかりしていることにあるそうです。特に、鎖骨から肩周りの筋肉(大胸筋や三角筋)や、臀部の筋肉(大殿筋)の張り感があると良いとのことです。そこで行うのが、ウェイト・トレーニングで、パーソナルトレーニングと言えば一般的にこのイメージが強いと思います。
また、ストラクチュラルエクササイズ(脊柱に負荷のかかる運動)を行い、全身の筋肉の力を発揮させることで骨密度の増加を図り、体を支える内面からの効果も期待できます。さらに、適切な負荷と正しいフォームで行うことで、筋肉強化やシルエットを整えるにとどまらず、正しい身体動作とバランスを促すことで、美しい動きにもつながります。
正しい知識とやり方で鍛えれば、人に与える印象は短期間で効果的に変わり、自分自身の自信も溢れてきます。

仕事に有効なホルモンを分泌させる

筋トレはこのような、筋肉肥大・強化や、引き締まった体作り・基礎代謝量を高めるなど、体の内外側面を鍛えるものと思われがちですが、実はメンタル面にも多くの効果があります。筋肉に負荷をかける筋トレは、様々なホルモン「幸せホルモン」「脳内ホルモン」と呼ばれる3大神経伝達物質の分泌を活発にし、生活に好影響をもたらします。
簡単にご紹介すると、①ドーパミン【やる気、モチベーション】、②ノルアドレナリン【意欲や積極性、集中力】③セロトニン【感情コントロール、想像力、アイデア力】といったもので、これらは間違いなく仕事においても重要なホルモンです。
このようにトレーニングは、美しく・逞しく、仕事や生活に良い効果をもたらしてくれます。

筋トレの効果につきましてはブログでも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
「筋トレの効果を見直そう」「筋トレの驚きの効果」

リカバリーケア

日々様々なストレスがかかっているビジネスパーソンの皆さんは、肉体的にも精神的にも緊張状態にあります。
特に、長時間のデスクワークや車の運転などは、肩関節や肩甲骨、骨盤や腰椎への負担が大きく、それら周辺の筋肉にストレスが溜まっています。そのため、ビジネスパーソンの整形外科的な悩みの多くは腰痛・肩こりで、男女のいずれでも1位2位を占めます。筋肉が硬くなると血液循環が悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなりますが、ストレッチによって筋肉を緩めることで血流が改善され、疲労回復や疼痛(腰痛や肩こり)の予防・改善を促します。さらに、筋肉をほぐし血液循環を促進することは、代謝の向上を促し脂肪を燃焼しやすくしますし、全身への栄養供給をスムーズにしますので運動効率の向上にもつながります。

また、仕事のパフォーマンスを向上させるためには、体の側面だけではなく、メンタルも良好に保つ必要があります。ストレッチを行うことによって副交感神経が優位になり、精神的をリラックスさせることができます。その結果、ストレス解消や、睡眠の質向上が図れます。

筋肉もメンタルも、緊張状態ではベストパフォーマンスは発揮できません。皆さんが保有する本来のポテンシャルを引き出すためにも、身体のリカバリーケアは必須です。
私たちは、介護施設・リハビリ・カイロプラクティックなど様々な現場で培った専門知識と経験をもとに、「お一人ずつの状態にあわせたプログラム」を作り、皆様の身体のケアをしてまいります。

様々な症状改善の詳細につきましては、各症状別のページをご覧ください。
また、40歳以上の方は「中高齢者健康力アップ」もぜひご覧ください。

ニュートリション

ランチタイムに、コンビニ弁当や外食などで食事される方は多くいらっしゃると思います。特に営業の方は、外でお食事する機会は多く、場合によってはお付き合いでお酒も飲まれるでしょう。また、仕事が上手くいかなかったりしたとき、ストレス解消で暴飲暴食をしたり、スタミナをつけようとハイカロリーで濃い味付けのものを食べたりするなど、油断していると食事には健康を阻害する要因が多く潜んでいます。

トレーニングさえ一生懸命やっていれば良いというわけではありません。目的を達成するために、栄養や食事面もご自身でマネジメントしていく必要あります。肥満解消でダイエットされる方、かっこいい体を目指してボディーメイクをされる方、健診結果の改善を図りたい方・・・など、それぞれ目的にあった、必要な栄養素とその摂取元となる食事についてアドバイスいたします。

アスリートの世界では、一流と呼ばれる選手は活躍するだけでなく、怪我や体調を崩さずにシーズンを戦い抜くことができる選手です。ビジネスパーソンも同様で、健康でいつまでも良いパフォーマンスを発揮するために、栄養やその摂取元となる食事についてご自身でもマネジメントできるよう、皆さんの学びをご支援してまいります。

お客様の声

年代:40代前半

性別:男性

ご職業:放送作家

お名前:N・H 様

【お悩み/ご要望】

パソコン作業や書き仕事が多く、仕事が立て込むと肩の上がりにくさやしんどさを感じていました。仕事に没頭するあまり、ストレスの発散もうまくできていませんでした。仕事後の疲れもひどく表れるようになったこともあり、運動の習慣をつけようと思いました。

【主なトレーニング】

ベンチプレスやラットプルダウンなどのトレーニングで胸周りや背中のトレーニングを中心に行っています。特にラットプルダウンでは肩甲骨が動いている感覚がわかりやすく、以前よりも肩甲骨周辺が動きやすくなりました。

【得られた効果】

1年以上通っていて、トレーニングの重量が重くなっていくのが嬉しいです。特に体がどんどん変化していくのがわかるため、鏡で自分の体を見ることが好きになりました。
仕事後も疲れにくくなってきて、プライベートでも家族や友人や、若い人たちとも思いっきり遊べる体力がつきました。

【今後の目標】

1週間に1回のトレーニングが習慣化され、毎週の楽しみになっています。次の目標はシックスパックの体を目指していて、食事面もストイックに行っております。トレーニングの成功例が増えることで自信がつき、この自信が仕事にも活きています。

Other Solutions

Copyright © million fitness Corporation All rights reserved

error: Content is protected !!