• ← Top ページ へ

    免疫力向上や運動不足解消のために、近くのトレーニングジムなどに通って運動を始められた方もいらっしゃると思います。
    ジムへ行くと多種多様な機器や用具があり、簡単な使い方の指導は受けたものの、何からすれば良いのか分からず困ってしまう方も多いくいらっしゃると思います。
    トレーニングマシンやダンベルやバーベルなどのフリーウエイトがあったりと、果たしてどちらがいいのか?どんな効果があるのか?・・・など、色々な疑問もあると思います。
    そこで、マシンとフリーウエイトに関して、初めての方にもわかるようお話します。

    目次

    1.マシントレーニングの特徴

    2.フリーウエイトの特徴

    3.フリーウエイトをおススメする理由

    まとめ

    1.マシントレーニングの特徴

    マシントレーニングは、鍛える部位が腕や脚などごとに分かれており、使う筋肉が絞られるので効果を実感しやすいです。
    背もたれや椅子に身体を預けられるため身体が安定し、動かす軌道も固定されているため初心者でも扱いやすくなっています。
    角度や座席も簡単に調節でき、負荷の設定もワンタッチで出来るので、すぐにトレーニングを始めることができます。
    しかし操作が簡単な反面身体を預けるため、身体を支えたり保持する機能が働かず、体幹を養いにくい点もあります。

    2.フリーウエイトの特徴

    一般的なジムのフリーウエイトエリアには、大きなラックやベンチ台が置いてあり、近くにダンベルやバーベルがたくさん並べられています。
    フリーウエイトの代表といえばスクワット・デッドリフト・ベンチプレスといった、BIG3と言われるトレーニングのです。
    パーソナルジムなどに通ったことがある方は、一度はされたことがあるではないでしょうか。

    フリーウエイトは、大筋群をメインターゲットに全身を万遍なく鍛えられます。
    マシントレーニングとは違って、姿勢や動きが不安定で、体を支えたり保持しないといけないので、多くの筋肉を同時に鍛えることになります。

    しかし動きの軌道やフォームは自分でコントロールするため、やり方など正しい知識とテクニックが必要です。
    この姿勢や動作のコントロールが難しくなるというところがポイントです。

    3.フリーウエイトをおススメする理由

    トレーニングの結果が、日常で生きるのはどちらか?
    私は、初めてトレーニングされる方こそ「フリーウエイト」でトレーニングいただきたいと考えています。
    なぜならば、トレーニングはただ筋肉を鍛えて大きくすることだけではなく、体の機能を維持向上させることが大切だと考えているからです。

    もちろん、筋を肥大させて、体つきを変える事も一つのゴールですが、筋肉を鍛える目的はいくつかあると考えます。
    「筋を大きくする」「筋力を向上させる」など、そして忘れてはいけないのが「筋肉を使えるようにする」ということです。
    つまり、日常生活を視野に入れた「動きやすく怪我をしにくい体」を手に入れることが、トレーニングの本当のゴールだと考えています。
    したがって、トレーニングにも日常生活に近い動きを取り入れることで、そのゴールは達成できます。
    筋肉は、本来使いたい動きと同じ動きで鍛えなければ、実際の動作に反映でき活かされません

    マシントレーニングですと、日常生活とは異なった姿勢や動きで筋肉を動かすことから、「動きやすく怪我しにくい体」を作ることに繋がりにくいのです。

    例えば・・・膝の曲げ伸ばしによって太もも前を鍛える「レッグエクステンション」というマシンがあります。
    これで行う運動は、「単関節運動」と言い、関節を1つしか動かさない運動です。
    しかし、日常生活の動作で関節を1つしか動かさないことは、まずありえません。
    日常生活では、単関節運動(一つの関節しか動かさない動作)より、多関節運動(2つ以上の関節を動かす動作)がほとんどです。
    そのため、膝の動きだけで鍛えた太ももの筋肉は、日常生活ではうまく使えない筋肉となります。

    マシントレーニングも、もちろん筋トレにはなります。
    しかし、フリーウエイトのトレーニングでは、重りや自体重を負荷にして、「多関節運動」を行うため、日常生活に活かせる体の使い方でトレーニングを行えるのです。

    さらに、椅子や背もたれで固定されていない分、体幹部の安定性も無意識に鍛えることができます。
    この無意識に鍛えるというところが、非常に重要なのです。
    普段の歩行時や階段昇降時、「お腹に力を入れて」や「足をしっかり上げて」など意識しませんよね。
    トレーナーの私たちでも、普段の動作中には、そのようなことは意識しません。
    大切なのは、無意識に正しい姿勢や正しい動作が行えていることです。
    この無意識に出来ている状態を体に染み込ませることができるのも、フリーウエイトをお勧めする理由です。

    まとめ

    マシントレーニングもフリーウエイトも、それぞれ効果も利点も違います。
    どちらを行うにせよ、それぞれの原理や効果(メリット)などを理解したうえで行うことが大切です。
    その結果、望む適切な効果が得られます。

    コロナ禍で自粛が続く中、YouTubeやインスタグラムなどの、動画や投稿内容をもとに独学でトレーニングに取り組まれる方も多いようです。
    しかし、正しい器具の使い方・正しいフォーム動作・正しい強度設定など、正しい動きで行わなければ効果が低くなり、怪我のリスクも高くなります。

    そこで、最も効率的に効果を出す近道は、プロのトレーナーの指導を受けることです。
    パーソナルトレーニングは、ただ1対1でトレーニングを教わるだけでなく、お客様一人ひとりの姿勢や動きの評価を行い、課題にそったトレーニングプログラムをデザインし、最短ルートで目的に導いてくれます。
    最初に正しいフォームを習得することで、動作エラーの癖などを修正し、怪我のリスクも低減できます。
    これから筋トレを始められる方は、是非プロの効果的なトレーニングを体験してみてください。

    この記事を書いた人

    株式会社ミリオン・フィットネス  
    トレーナー 那須 陸哉

    NSCA-CPT : NSCA認定パーソナルトレーナー
    NASM-PES : 全米スポーツ医学協会認定パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト
    健康管理能力検定2級

    代表の林が講師をしていたWorld trainers academyで林に師事し当業界に入った。自宅でも常に自己研鑽に励み、トレーニングや健康に関する学習はもちろんのこと、お客様にお勧めするトレーニングやストレッチは、時間があれば常に自身で試し、お客様の生活の質向上や健康的な生活へ導く準備に余念がない。また、USJでの前職経験があり、お客様に楽しんでいただく精神はトレーナー随一と評判が高い。将来が有望な若手である。

    ミリオン・フィットネスは、大阪 肥後橋のリピートが多い 予約貸切制のおしゃれなコンディショニング・パーソナルジムです。

    ダイエット・ボディーメイク・姿勢矯正はもちろんのこと、肩こり・腰痛・膝痛・ストレス・疲れやすい・健診数値などの改善を、トレーニング & リカバリーケア & ニュートリション の3点からサポートいたします。

    大阪市西区京町堀1丁目7番22号
    クレグラン京町堀 501号

    肥後橋駅   : 徒歩2分
    淀屋橋駅   : 徒歩6分
    本町駅    : 徒歩7分
    梅田堂島地下街: 徒歩15分


    error: Content is protected !!